Society5.0に対応した高度技術人材育成

enPiT everi 社会人向け「人工知能・ロボット・IoT」に関する短期講義・演習プログラム

MENU

科目一覧

画像処理の基礎と、C言語で実装する画像処理プログラミング

画像処理

  • 基盤
  • 講義
         
科目名 画像処理
科目名(英名) Image Processing
担当講師(氏名・所属) 上瀧剛(熊本大学)
分類 選択
授業形態 講義

VOD

任意の時間にパソコンからインターネット接続にて(自宅や職場などから)受講します。
時数 8コマ
時間数(コマ数✕1.5) 12時間
授業の概要 本講義では画像処理の基礎を学ぶ。具体的には信号処理的な理論および、実際にプログラムで実装するにはどのようにすればよいかを学ぶ。これは画像処理の応用事例は多く、C言語などのプログラミングによる実装が不可欠であるためである。
到達目標 ・画像処理の基礎知識を修得する
・画像処理に必要なプログラミングの基礎知識を修得する
・画像処理の応用事例を学ぶ
難易度 ★★
分野別難易度(前提知識) 信号解析:★
Cプログラミング:★★
(一部演習あり)
履修上の注意
(準備学習・前提知識)
C言語の知識(ポインタ)があることが望ましい
授業計画・内容 画像処理の基礎理論とともに、それらのプログラムでの実装方法を述べる。
1.イントロダクション
2.デジタル画像の撮影
3.画像の性質と色空間
4.画素毎の濃淡変換
5.空間フィルタリング
6.幾何学変換
7.2値画像処理
8.応用事例
事前・事後学習の内容 指定された範囲の予習と、授業内容の復習を行うこと。(必要な学習時間の目安:予習60分、復習60分)
成績評価の方法 課題提出 1回(100%)
教科書・参考書等 ・必要な資料を配布します
・「ディジタル画像処理」: CG-ARTS協会 
キーワード 画像処理、信号処理