Society5.0に対応した高度技術人材育成

enPiT everi 社会人向け「人工知能・ロボット・IoT」に関する短期講義・演習プログラム

MENU

科目一覧

IoT情報理論

  • 基盤
  • 講義
         
科目名 IoT情報理論
科目名(英名) Information theory for IoT devices
担当講師(氏名・所属) 日下 卓也(岡山大学)
分類 選択
授業形態 講義

VOD

任意の時間にパソコンからインターネット接続にて(自宅や職場などから)受講します。
時数 7コマ
時間数(コマ数✕1.5) 10.5時間
授業の概要 情報理論はデジタル情報の通信の基礎理論であり、情報源符号化と通信路符号化に関して学ぶ。本講義では昨今、注目を集めているIoTデバイスの通信特有の問題を盛り込みつつ、通信システムのモデルから始め、その主要な要素である情報源、通信路、符号化・復号に関して解説する。また、特に雑音のある通信路における通信の高信頼化に関して、簡単な軟判定復号と、受信シンボルの信頼度の量子化に関する話題を取り上げる。
到達目標 ・通信システムのモデルを理解する。
・IoTデバイスの通信の特徴を理解する。
・雑音のある通信路での信頼性確保の考え方を理解する。
履修上の注意
(準備学習・前提知識)
代数学の知識を持っていることが望ましい。
授業計画・内容 1:序論(情報理論とは)
2:情報理論で扱う問題
3:情報源
4:通信路
5:通信路符号化
6:軟判定復号
7:信頼度情報の精度
事前・事後学習の内容 各回の受講後、演習問題により、十分な復習を行うこと。
成績評価の方法 課題提出7回(100%)により評価する。
教科書・参考書等 参考書(購入を強く薦める):今井秀樹[著]「情報理論」オーム社
ISBN-10: 4274216012
ISBN-13: 978-4274216015
キーワード 情報理論、IoTデバイス、高信頼度通信